和太鼓・和楽器という選択

和太鼓・和楽器という選択|和太鼓・和楽器を出張演奏【ラグジュアリー】

音通堂が考える「和楽器が選ばれる理由」

[画像]音通堂が考える「和楽器が選ばれる理由」

時を経て今まで使われ続けてきた楽器には、どれも素晴らしい魅力があります。
日本ではバイオリン、ギター、トランペットといった洋楽器が人気ですが、和太鼓や三味線といった和楽器たちもまた、素晴らしい魅力を持つ楽器として例外ではありません。
むしろ最近では、世界で和楽器の魅力が広く受け入れられ、日本でも再評価のムーブメントが広がっているのです。

洋楽器ではなく和楽器が選ばれるとき、そこにはどんな理由があるのでしょうか?
和楽器の出張演奏を行っている音通堂「ラグジュアリー」は、次のような理由でご依頼いただいていると考えています。

日本の楽器を日本人が演奏する「説得力」

[画像]和楽器が選ばれる理由01.日本の楽器を日本人が演奏する「説得力」

和楽器は、洋楽器のように最近伝えられたものではなく、日本という土地で古くから親しまれてきた、言わば国のアイデンティティとも言える楽器です。
その楽器を、ほかでもない日本人が演奏するという「説得力」。
そこには演奏者としてだけでなく、日本という国の一員としての誇りも存在しているのではないでしょうか。

魂を込めた和楽器の演奏は、日本の方の胸に響くのはもちろんのこと、海外の方にとっても、「これが日本なのか!」と感動できる、超一流のエンターテインメントだと音通堂「ラグジュアリー」は考えます。

「ハレ」の場における「演出力」

[画像]和楽器が選ばれる理由02.「ハレ」の場における「演出力」

和太鼓や箏といった和楽器の音色には、曇りのない清浄で神聖な雰囲気や、「これから何かが始まる」といった期待感を演出する力があります。
そのため、製品発表会や周年記念パーティー、結婚式といった「ハレ」の場において、和楽器は大きな力を発揮するのです。
特に和太鼓は「邪気を払う力がある」と言われ、古くから祭事に用いられています。

シンプルな「美しさ」「格好良さ」

[画像]シンプルな「美しさ」「格好良さ」

和楽器と言うと、以前は「古くさい」「敷居が高い」というイメージを持たれがちでした。
しかし現在、海外で和楽器が評価を受けたり、和楽器奏者たちによる演奏動画がネットで手軽に鑑賞できたりといった背景から、和楽器をより身近に感じられる時代となっています。

先入観なしで和楽器に接してみると、歴史あるその音は今の時代でもまったく色あせない魅力を持っていることが分かります。
体全体で「音の固まり」を受け止めるような、ダイナミックな和太鼓。
澄んだ音色の中に時折あらわれる「かすれ」が、より一層音の美しさを引き立てる尺八。
ひとつの楽器として観たときの和楽器の「美しさ」や「格好良さ」が、いま改めて評価されているのです。

音通堂所属の奏者による動画

お問い合わせ・ご相談はこちらから【電話】03-6456-0026 【受付時間】9:00-18:00
メールお問い合わせ

↑