和太鼓

和太鼓|楽器紹介|和太鼓・和楽器を出張演奏【ラグジュアリー】

和太鼓について

和太鼓

和太鼓の特徴・魅力

両面を打つタイプと片面を打つタイプがある。前者は宮太鼓、桶胴太鼓などで、音量が大きく低音がよく響くのが特徴である。和太鼓としてはこの種類が大多数をしめる。後者は、団扇太鼓等が該当し、日蓮宗等で用いることがある。高音、響きは少ない。

 

胴材
締太鼓の胴
ケヤキが主であったが国産は近年不足しているためシオジ・センが主流、また海外からはカリン・ナラなどの堅い木材をくり抜いたふくらみのある円筒形の胴、もしくは板を寄せて円筒を作り桶のようにしたものを用いる。

 

皮面
牛の皮(メスは絹、オスまたはホルスタインは木綿に例える)を鋲や紐、ターンバックルや金具等で張りとめてつくられ、撥(ばち)と呼ばれる木の棒で皮を叩いて演奏される。皮には基本的に数回の出産を経た雌牛が最良とされるが、大きなものでは、雄牛の皮が利用されることもある。

 

演出できる雰囲気
荘厳さ・貫禄・高揚感・緊張感・躍動感など

和太鼓の種類

長胴太鼓

胴は一本の木をくりぬいたものが利用される。
皮は胴に鋲を用いて留められている(鋲打太鼓)ことが多い。
社寺、公共施設等によくあり、多くの太鼓の団体がこれを演奏する。
一般的によく目にするものである。

桶胴太鼓

縦に割られた板を寄せて円形にして胴をつくったもの。
低音、音響も大。檜やサワラなどで胴が作られ、比較的軽いのが特徴である。
紐締めのものが主流である(ページ上部の写真の奥の鼓面が見えている太鼓の右側がこれにあたる)。

音通堂「ラグジュアリー」の代表的奏者

奏者 画像

名前 Ajo 
実績
  • 東京ディズニーランド&シー「ブレイジングリズム」「カウントダウン」「レジェンド・オブ・ミシカ」太鼓振付指導
  • Mt.Fuji MUSIC FESTIVALメインステージにてGreg Bandy(drs)と共演
  • 国際交流基金事業にて、15ヶ国以上での海外公演
  • 銀座博品館劇場 DIAMOND☆DODSの公演での太鼓指導
  • ダンスと邦楽と歌が融合したエンターティメントショー「love love de show」シリーズの出演・演出
  • DIAMOND☆DODS中国公演ゲスト
  • 「スーパーアクションイリュージョン忍伝ツルギ」(JAC(旧JAC)制作)舞台での 和太鼓の作曲・振り付け・指導・出演
  • 他、アマチュア太鼓チーム多数・・・
  • 楽器一覧に戻る
  • おもな編成の紹介はこちらから
お問い合わせ・ご相談はこちらから【電話】03-6875-4541 【受付時間】9:00-18:00
メールお問い合わせ

↑